トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 入れ歯 » 当院の入れ歯の種類

当院の入れ歯の種類

【金属床】薄くて違和感が少ない金属床
●入れ歯の厚みが気になる方、口腔内が狭い方におすすめ
●食べ物の冷たさや温かさを敏感に感じる

保険適用の歯科用プラスチック(レジン)で作った入れ歯は、上あごに接する口蓋の厚みが約1.0~1.4mmありますが、金属床では約0.5mmと薄い仕上がりです。違和感が少なく、食べ物の冷たさや温かさを敏感に感じることができ、美味しい食事が楽しめます。

金属の種類には、チタン、コバルトクロム、白金加金などがあります。どの素材を使っても厚み差はほとんどありませんが、軽さやフィット感などの違いがあります。

【ノンクラスプデンチャー】パッと見ただけではわからないノンクラスプデンチャー
●金具を一切使わない
●歯ぐきと同じピンク色なので目立たない
●柔らかくて軽い素材で装着時の違和感がない
●修理が難しく、一度壊れたら作り直しとなる

金具を一切使わない部分入れ歯です。素材が柔らかいので、大きく曲げても割れることはありません。歯ぐきと同じピンク色をしているため、装着しても目立たないことが特徴です。

【マグネットデンチャー】磁力でズレない、外れない入れ歯マグネットデンチャー
●根っこに金属を入れ、入れ歯に磁石を装着
●残っている歯への負担が軽い
●施術と修理が簡単にできる

磁石の力を応用した入れ歯です。残っている歯と入れ歯に磁石を埋め、その磁力によって入れ歯を固定させます。金具で固定する入れ歯に比べると、他の歯を痛めることがありません。

<マグネットデンチャーの注意点>
磁石を使いますので、磁力による問題が起こる可能性があります。特に、MRIなどの検査では、マグネットデンチャーを外してから検査を受けてください。人体などへの影響は、今のところ何も報告されていません。

【インプラント義歯】お肉もしっかり噛めるインプラント義歯
●嚙む能力の回復が大きい
●義歯のがたつきによる痛みも軽減
●治療後のメンテナンスをしっかり行う必要がある

あごの骨に、インプラントを打ち込み、その打ち込んだインプラントを土台にして入れ歯を装着します。入れ歯をしっかりと固定することができるので、嚙む能力の回復が最も良く、義歯のがたつきによる痛みも軽減されます。

【保険義歯】経済的で初めての方におすすめ保険義歯
●初めての方におすすめ
●保険が適用できるので経済的

プラスチック素材を使った入れ歯です。保険が適用できるので経済的な負担が軽いといえます。入れ歯に慣れていただくためにも、初めての方には保険義歯をおすすめしております。


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 入れ歯 » 当院の入れ歯の種類


コールバック予約


TOPへ