トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療 » 【歯周病とは?】自覚することから始まる歯周病治療

【歯周病とは?】自覚することから始まる歯周病治療

歯周病とは?「歯ぐきがブヨブヨしている」
「歯みがきをすると血が出る」

といったことはありませんか?
心当たりがある方は、歯周病に感染していないか歯科医師に相談することをおすすめします。

歯周病は、自覚しにくい病気
歯周病は、ゆっくりと進行していくため、症状が感じにくい病気です。特に初期段階では、腫れや出血などの症状がほとんどありません。そのため、自覚症状が出てきた時にはかなり進行しています。

細菌によって歯の周りの組織が破壊されて、場合によっては手遅れとなるケースも少なくありません。しかし、歯周病を自覚してしっかり治療すれば、少しずつ改善されていきますので、ご安心ください。

歯周病の主な原因は?歯周病とは?
●歯周病の主な原因は細菌
●細菌に歯根膜や歯槽骨まで溶かされ歯が抜け落ちてしまう

お口の中の汚れや歯垢は、時間が経つと石灰化して歯石になります。歯と歯肉の間に歯周ポケットとよばれる溝ができます。歯周ポケットの中は細菌の温床で、細菌が増殖を始めると歯肉の炎症を引き起こします。

歯周ポケットの奥深くにまで炎症が広がると、歯を支えている歯根膜や歯槽骨まで溶かされてしまうのです。やがて歯を支えきれなくなると歯がぐらつき始めます。治療をせずにそのままにしていると、最終的に歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

40才以上で歯周病に感染している人は、5人のうち4人ともいわれます
近年、厚生労働省によると、「日本人の成人のうち、歯周病に感染している人は約80%いる」という報告があります。40才以上で歯周病に感染している人は、5人のうち4人ともいわれ、今や国民病のひとつと言っても過言ではありません。大切な歯を歯周病から守るためにも、早期発見・早期治療を心がけましょう。


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療 » 【歯周病とは?】自覚することから始まる歯周病治療


コールバック予約


TOPへ