トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 根管治療

【根管治療】歯を抜かずに、残す治療

「虫歯が悪化して、歯を抜くしかないと言われた」
「神経を取ったのに、痛みが取れない」
「神経を取っているのに、歯ぐきが腫れる」
「何回も根の治療をしているのに、再発してしまう」

根管治療

こうした歯を治療した後のトラブルで困っている方はいませんか?

痛みをそのままにしておくと、歯の神経が壊死して根の先が膿み、歯ぐきが腫れてきます。治療が困難になるばかりか、歯の状態が悪化したとき場合によっては抜歯をしなければなりません。こうした処置が「根管治療」です。

歯を残すための「根管治療」
根管治療は、歯科治療における「最後の砦」といわれる治療で、適切な処置を行うことで、重篤化した歯を延命することができます。壊死した歯の神経を取り除き、歯の根をキレイに洗浄・殺菌することで、歯の寿命を引き延ばすことができるのです。

治療ではどんなことをするの?

治療ではどんなことをするの?根管治療は、歯の状態などにより治療手順や通院期間が異なります。一般的には、次のような流れです。

まず、歯の神経が通っている管(根管)を専用器具できれいに洗浄し、汚れを完全に取り除きます。その後、薬を詰めて詰め物を被せます。なお、治療前に麻酔をかけますので、処置中の痛みはほとんどありません。

根管治療の流れ
【1】虫歯感染部分を専用器具で除去する
次へ
【2】治療しやすいように、神経のスペースに穴をあける
次へ
【3】リーマーという器具を使い、根の感染部を除去する
※必要があれば、神経を取る処理をします(抜髄)
次へ
【4】炎症が起きている根管の先まで薬を充填し、細菌感染を防ぐために根管を塞ぐ
次へ
【5】根管治療後の歯は、状態により詰め物・被せ物を取り付ける

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 根管治療


コールバック予約


TOPへ