トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » インプラント治療

嚙める普通を取り戻すインプラント治療

当院は、患者さんが噛める喜びを再び取り戻せるインプラント治療を目指しています。当然、手術をする医師の技術はもちろんのこと、インプラントや被せ物の扱い方、知識など、すべてにおいて日々研鑽しております。
嚙める普通を取り戻すインプラント治療

常に、ベストな治療を心がけていますので、より多くの方にインプラント治療に関心を持っていただきたいと思います。

無料カウンセリングを実施しています
詳しい話を聞いてみたいと思われる方、あるいはセカンドオピニオンで相談に来られる方、インプラント治療にご興味がある方はお気軽にご相談ください。

失われた歯の機能を回復するインプラント

インプラントとはインプラント治療とは、何らかの理由で歯がなくなったところに人工歯根(インプラント)を移植し、その上から人工歯を被せることで失われた歯の機能を回復する治療です。

あごの骨と人工歯根(インプラント)が接合した後に人工歯を取り付けるので、天然歯と遜色のない噛み心地が得られます。インプラントに使用しているチタンは人体に馴染みやすい性質があります。これがあごの骨のなかにしっかり定着することで、"根(歯根)"の役割を果たすことができるのです。

インプラントの性質と安全性
一般的にインプラントの素材は、チタンを使っています。 チタンは、人体にとって安全な素材として知られていて、歯科のみならず整形外科では人工関節や骨の固定などに使われています。その特徴には、人間の骨や歯ぐきの粘膜と結びつきやすく、毒性がないことがあげられます。

セカンドオピニオンも受け付けています

セカンドオピニオン当院では、インプラント治療のセカンドオピニオンを実施しております。セカンドオピニオンとは、納得して治療を受けるために、複数のドクターの意見を聞くことです。インプラント治療を検討している方やご興味のある方には、さまざまな疑問がおありだと思います。

複数の先生に意見を求めることも大切です
患者さんのお口を拝見しながら、さまざまな角度から最適な治療をご提案します。治療方法はひとつではありません。複数の先生に意見を求めることで、選択肢が広がります。「主治医に悪いから、他の先生にお話を聞くのは気が引ける」と気にせずに、お気軽にご相談ください。

インプラント治療の流れ

診査・診断・治療計画・術前治療
お口の中の状態を見せていただき、歯並びやあご、あご関節の状態を確認して治療の流れをチェックをします。
なお、インプラント治療はすべての方に適応できるわけではありませんので、細心の注意と診査を踏まえて診査いたします。
次へ
1次手術 人工歯根を移植する
インプラントをあごの骨に移植するために、歯ぐきを切開して骨にインプラントと同じ大きさの穴を作ります。そのなかにインプラントをねじ込んで、しっかりと固定させてから歯ぐきを縫合します。
次へ
2次手術 土台を取り付ける
インプラントが骨と結合したら、人工歯を装着する部品を接続して、歯ぐきを整えます。
次へ
補綴処置
人工歯をインプラントに装着してお手入れの仕方などを練習します。

術後のメンテナンスが重要です!

術後のメンテナンスが重要です!インプラント治療において、もっとも重要なことは、術後のメンテナンスです。当院では定期検診を受けることを前提に、インプラント治療を行っています。

口腔内の衛生状態が大切
口腔内は、インプラントができるくらいの衛生状態になっているかが大切です。インプラントと歯の組織は違うため、抵抗に弱く、悪化してしまうと治療が難しくなってしまいます。

特に手術した直後は、口腔内が不安定な状態ですので、翌日に状態を確認しています。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » インプラント治療


コールバック予約


TOPへ