トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 失った歯の治療

失った歯を治療するには

抜歯したとき、あるいは歯が抜けてしまったとき、歯の機能を回復するには、「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の3つの治療方法があります。
失った歯を治療するには

それぞれ特徴がありますので、患者さんの口腔内の状態やご要望を取入れながら、治療を進めます。

【失った歯の治療1】人工の歯を装着するインプラントインプラント
インプラントとは、あごの骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋入して土台とし、その上から人工歯を装着する治療方法です。隣接する歯を削らずに済むので他の歯に負担を与えることがありません。審美的・機能的にも優れた最新の治療法です。

●天然歯に近い噛み心地
●健康な状態の歯と同じようにしっかり噛むことができる
●見た目も天然歯とほとんど変わらない
●思いきり口を開けて笑える

インプラントについて

【失った歯の治療2】人工の橋を架けるブリッジブリッジ
何らかの理由で歯を失ったとき、両隣の歯と連結した被せ物を使い、失われた歯の機能を回復する治療方法です。両隣の歯を削り、それを土台として橋をかけるように人工歯を被せます。被せ物に使用する素材には、さまざまな種類がありますので、患者さんと相談しながら決めていきます。

●隣の歯を削る必要がある
●入れ歯に比べ審美性がよい


【失った歯の治療3】入れ歯入れ歯
歯を失ったときのスタンダードな治療方法として知られています。健康な歯をほとんど削る必要はありません。デメリットとしては、両隣の歯にバネを止めるため不安定になり、咀嚼力が弱まる、硬いものが噛みづらくなる、異物感が強く、食べ物が挟まって痛い、入れ歯が合わなくて痛い、見た目が悪いなどがあります。

●咀嚼力が弱まる、硬いものが噛みづらい
●審美性が劣る

入れ歯について

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 失った歯の治療


コールバック予約


TOPへ