トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療

【歯周病とは?】自覚することから始まる歯周病治療

歯周病とは?「歯ぐきがブヨブヨしている」
「歯みがきをすると血が出る」

といったことはありませんか?
心当たりがある方は、歯周病に感染していないか歯科医師に相談することをおすすめします。

歯周病は、自覚しにくい病気
歯周病は、ゆっくりと進行していくため、症状が感じにくい病気です。特に初期段階では、腫れや出血などの症状がほとんどありません。そのため、自覚症状が出てきた時にはかなり進行しています。

細菌によって歯の周りの組織が破壊されて、場合によっては手遅れとなるケースも少なくありません。しかし、歯周病を自覚してしっかり治療すれば、少しずつ改善されていきますので、ご安心ください。

歯周病の主な原因は?歯周病とは?
●歯周病の主な原因は細菌
●細菌に歯根膜や歯槽骨まで溶かされ歯が抜け落ちてしまう

お口の中の汚れや歯垢は、時間が経つと石灰化して歯石になります。歯と歯肉の間に歯周ポケットとよばれる溝ができます。歯周ポケットの中は細菌の温床で、細菌が増殖を始めると歯肉の炎症を引き起こします。

歯周ポケットの奥深くにまで炎症が広がると、歯を支えている歯根膜や歯槽骨まで溶かされてしまうのです。やがて歯を支えきれなくなると歯がぐらつき始めます。治療をせずにそのままにしていると、最終的に歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

40才以上で歯周病に感染している人は、5人のうち4人ともいわれます
近年、厚生労働省によると、「日本人の成人のうち、歯周病に感染している人は約80%いる」という報告があります。40才以上で歯周病に感染している人は、5人のうち4人ともいわれ、今や国民病のひとつと言っても過言ではありません。大切な歯を歯周病から守るためにも、早期発見・早期治療を心がけましょう。

「歯周病を治してからすべての治療を始める」のが基本

歯周病を治してからすべての治療を始める当院では、治療を始める前に歯周病の検査を行っております。もし、歯周病を併発してれば、まず歯周病を治療して完治させてから補綴物(人工歯や詰め物)を入れます。歯周病を治さないでいると徐々に進行し、やがて歯が脱落してしまうからです。

そこで、歯石や汚れを取り除くスケーリングで歯ぐきの状態を引き締め、歯周ポケットの溝が規定値以下になってから補綴物を入れます。

歯周病について

軽度歯周病軽度歯周病
歯と歯肉の間の溝・歯周ポケットに歯垢や歯石がたまって細菌が繁殖しています。歯肉が炎症を起こしていて、腫れや出血が見られる状態です。

≪治療方法≫
・ブラッシング指導。
・1~2回のクリーニングで比較的短期間で回復可能。

中等度歯周病中等度歯周病
歯石の付着が目立つようになり、歯肉の腫れや出血、口臭がひどくなります。徐々に骨が後退し、歯周ポケットが深くなると、歯がグラつき始めます。

≪治療方法≫
・歯周ポケットの内部に付着した歯石の除去。
・痛みが伴うときは、麻酔。
・場合によっては歯周外科の適応。

重度歯周病重度歯周病
歯肉が化膿して真っ赤に腫れ上がります。骨の破壊が進み、歯がグラグラと大きく動く状態です。

≪治療方法≫
・歯周外科にて対応。
・歯の保存が難しい場合は、抜歯。

【歯周病の予防】歯周病の原因となる汚れを取り除く

スケーリング【スケーリング】歯石を除去する
スケーラーと呼ばれる器具を使って、歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石などを取り除いていきます。虫歯や歯周病の原因となるプラークの付着を防いでくれます。

しかし、歯石は時間とともに再付着しますので、歯周病や虫歯を防ぐためにも、定期的なスケーリングをおすすめいたします。

【PMTC】歯の表面をクリーニングする
クリーニング専用の器機を用いて、専門的にお口の中の清掃を行うのがPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。

プラーク(歯垢)や歯石が成長すると、バイオフィルムと呼ばれる歯みがきでは取れない汚れになります。PMTCはこれらの汚れを除去し、歯の白さや健康な歯肉を取りもどします。虫歯、歯周病の予防だけでなく、口臭の改善などにも効果があります。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療


コールバック予約


TOPへ