トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療)

歯医者キライも通えるできるだけ痛くない治療

歯の治療は痛みがつきもの。そう思われている方も少なくないようです。
歯医者キライも通えるできるだけ痛くない治療

針を刺した時のチクッとした痛みも少ない
当院は、できるだけ痛くない治療を心がけていますので、痛みに敏感な方でも安心して通院していただけます。電動麻酔器と人肌に温めておいた麻酔薬を使用しますので、針を刺した時のチクッとした痛みが少なく、注入時の違和感もほとんどありません。

どうしても痛みが出てしまうこともあります(笑)
できるだけ痛みを与えないように工夫をしていますが、針を刺す場所によっては、どうしても痛みが出てしまうこともあります。その時には、事前に「痛いですよ」とお伝えしています。

まず治療を始める前に、どのような治療が必要か見極める

できるだけ削らない、抜かない治療まず、カウンセリングで患者さんの主訴を知り、その歯が削る必要があるのか、抜く必要があるのかをしっかり見極め、適切な診断を行います。

ここはあまり抜かないって聞いたんですけど??
「ここはあまり抜かないで治療するって聞いたんですが、抜かずに治療してくれるんですか?」とよく患者さんに聞かれます。

永久歯は一度削ったり抜いたりすると、二度と生えてはきません。歯は一生使うもの。だからこそ、削りたくない、抜きたくないと思われるのは当然ですし、私もできるだけ残したいと考えています。しかし、症状によっては、再発しないようしっかり削る必要があったり、抜かなければならない場合もあります。そのような場合は、事前に説明して患者さんが納得されてから治療に入ります。

症状から虫歯の進行をチェック!

Co小さな穴が空いているが痛みはない
歯の表面を覆っているエナメル質が虫歯菌に溶かされた状態で、小さな穴が空いています。まだ象牙質に達していませんので、痛みはありません。

<治療方法>
虫歯の部分を必要最小限削り、保険適用の白い詰め物をして終了します。

C2冷たい物や甘い物を食べた時しみる
虫歯がエナメル質の下にある象牙質に達した状態です。冷たい物や甘い物がしみ、触ると痛みを感じるため麻酔をして治療をします。

<治療方法>
虫歯の範囲が小さければ、保険適用の白い詰め物を入れて完了です。虫歯が深く広がっている時は、麻酔をかけて患部を削り、詰め物を製作して装着します。

C3激しい痛みを感じる
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで達している状態です。激しい痛みを感じる場合が多く、神経が壊死した時は根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

<治療方法>
麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除き、根の中の汚れをきれいに取り除いてから被せ物を装着します。状態によっては、抜歯の可能性があります。

早めに治療すれば歯を長持ちさせることができ、治療の痛みも少なくてすみます。痛いと感じる前に、定期検診を受けてお口の中を健康な状態を保つよう心がけましょう。

「予防歯科」について読む

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療)


コールバック予約


TOPへ